フォト短歌游々日記

日頃撮りためた写真に短歌を詠み、時には詩を作り、それらをコラボレートしたフォト短歌やフォト詩歌に、偏見や私見混じりのエッセイを添えたブログです。

フォト短歌游々日記 イメージ画像

草刈り

昨夜9時より、「半沢直樹の恩返し」と題して配役数名による生放送のトーク番組があった。本来なら昨夜は第八部を放送する筈だったが、何やら撮影スケジュールが間に合わなかったとのこと。前代未聞の珍事とでも云おうか、楽しみにしていた身には、狐につままれた気分だった。
『半沢直樹の恩返し』の画像

一巡目の草刈りが終わり、温泉にでもどっぷりと浸かり、草刈り疲れを癒しながらのんびりと、と思っていたが、如何せんお気に入りの温泉はコロナの影響で休館。 今週末から営業再開とのことだが、今度は庭木の剪定やら、そうこうしているうちに2巡目の草刈りが始まってしま
『愉しみのひとつ』の画像

漸く1巡目の草刈りが明日で終わりそうだ。 毎朝のようにやってはいるが、どうしても一月ほどかかる。その為、最初に刈り始めたところはもう既に刈りごろを迎えている。致し方なし・・・。 見て見ぬふり、気にしないことにして、暫し休息を入れたい。 渓流釣りもやり
『草刈り三昧(1巡目終わる)』の画像

それにしても次から次と草は生え、勢いを増すばかり。一度草刈りを終え、安心しきっていると最初に刈り終えたところはもうすっかり伸び切っている。まったく、きりがないのだ。手を掛けずにそのまま伸ばしっぱなしにしたいところだが、如何せんそうもいかない。わが家では、
『草刈り三昧(草刈り時の注意点)』の画像

我が家では、稲刈り前の草刈り作業が佳境を迎えている。周辺では殆ど終わっているのだが、今年で米寿を迎える父の体調が芳しくなく、病院通いが暫く続いた為に、草刈りに時間を費やせない事情があった。已む無しである。かと云ってそれを言い訳にするわけにもいかない。そん
『草刈り三昧』の画像

雑草の伸びは凄まじい。刈った後から、次から次からと伸びてくる。草刈りをやりながら、いつも思うことだが、刈った草を何かに利用できないものかと。思い浮かぶのは家畜の餌ぐらいなものだが、生憎我が家では家畜を飼っていないし、また飼う予定もない。牛なりヤギなり羊な
『草刈りの日々』の画像

お田植えも無事に終わり、現在は草刈り作業に追われている。例年5月の草刈りと云えば、比較的涼しいなかでの作業と云った印象だが、涼しいどころか暑いなかでの作業は、未だ暑さに慣れていないこともあってかなりしんどい。 今日は朝の草刈り後に、中山間事業の一貫で3年
『草刈り本番』の画像

社会的側面からみたスポーツの意義の一つに、ルールの厳守、遵守がある。 どんなスポーツにも必ずルールが存在し、ルールを厳守、遵守することによって競技が成立する。 それらのルールは社会的規範に通じるものであり、社会の基本的、普遍的な常識を学び、社会的
『草伸び狂う』の画像

↑このページのトップヘ