フォト短歌游々日記

日頃撮りためた写真に短歌を詠み、時には詩を作り、それらをコラボレートしたフォト短歌やフォト詩歌に、偏見や私見混じりのエッセイを添えたブログです。

フォト短歌游々日記 イメージ画像

徒然

昨日、地元自治会単独での敬老会が賑々しく行われた。当祝者は34名、昭和17年3月31日以前に生まれた先輩方が対象である。 例年、女性部が中心となり、歌や踊りを披露するなど、出席者の笑顔を誘っている。 今年は嘗てない企画が青年部によって行われ、会場は大いに盛り
『寒ブリの解体ショー』の画像

本日、同じ短歌会「游の会」仲間の千葉貞子さんが、一関文化会議所主催の一関文化賞(生活文化部門)の表彰を受けた。会場はホテルサンルート一関芙蓉の間。午後1時半から式典及び表彰式が始まり、午後3時より祝賀会が行われた。一関文化会議所は今年で創立30年を迎え、創立3
『一関文化賞』の画像

最近、米の検査などでなかなか時間が取れず、図書館に行けずじまいだったが、本日久方ぶりに立ち寄ることができた。 以前からの調べ物を再開しようと、図書館奥の陳列棚に行ってみると、見覚えのある後ろ姿が目に止まった。ご本家の伊藤達朗(78)さんであった。 一昨
『旭日単光章』の画像

昨夜、昨年の夏と今年の5月に続き、伊師先生の高校らいのご友人、鈴木明(東大OB)さんによる3度目のライブが行われた。会場はこれまでと同じく伊師先生ご自宅のリビング。10月下旬ともなれば岩手県南も朝晩は結構寒い。薪ストーブが焚かれていた。心地良い遠赤外線の温もり
『フランス語の弾き語りライブ』の画像

昨日、世嬉の一クラストンを会場に、故・及川和男先生(作家)を偲ぶ会が行われた。当初は2週間前の10月13日を予定していたが、大型台風19号(ハギビス)の影響にともない延期となり、昨日がその代替日となった。 会場には生前、及川先生と親交のあった多くの方たちが訪
『及川和男先生を偲ぶ会』の画像

新緑のきはみに凱旋門となる日比谷通りに芽を噴くいちやう日本現代詩歌文学館の篠弘館長が、1999年刊行の歌集『凱旋門』のタイトルとなった一首。 新緑の頃、日比谷通りの銀杏を詠んだ一首だろう。日比谷公園には「首かけイチョウ」と云う樹齢推定400年を超える銀杏の巨木
『凱旋門』の画像

台風19号の被害は想像以上に大きかった。あちらこちらの河川が氾濫し、甚大な被害をもたらした。全国民が、うなだれ、沈黙するなか、我らに歓喜と感動を与えてくれるスポーツが、現在繰り広げられている。ラグビーのワールドカップが、日本を会場に展開され、日本が快進撃を
『ヒュルヒュルと』の画像

災害の規模が年々拡大の一途を辿るように思える昨今。またしても大型台風19号がまほらばの国を襲った。約ひと月前に発生した台風15号では、特に千葉県沿岸部への甚大な被害をもたらした。ひと月が経った今でも停電が続いており、復旧の見通しが未だたっていな地域もあるよう
『巨大台風ハギビス』の画像

岩手県南でも稲刈りが進み、コメ検査も佳境を迎えている。 本日の検査は厳美ライスセンター前。フレコン含みで約3900袋。殆どが1等米だった。 我が家の稲刈り(委託)も昨日終わる予定だったが、雨の所為か委託業者が来なかった。 周り近所は殆ど終わっている為、そわそわ気
『稲刈り後の藁の処分』の画像

恐れていたことが起こった。 民主化を願う香港のデモで、高校生が警察の銃弾を受け、重症を負った。 当日(昨日)は中国建国70周年を祝う記念日。民主化を訴えるデモ隊の過激さや、香港警察の忖度もその要因と考えられるが、被弾したのは未成年者の高校生である。
『妥協点を探れ』の画像

来る11月10日(日)、一関は熱く燃える日となる。と云っても、決して噴火や火事で熱くなると云うわけではない。一関市出身のプロレスラー、ドラゴンゲートのYAMATO(やまと)選手の凱旋試合があるからだ。割引券は岩手日日紙面の広告欄に、今後3回ほど掲載されるとのこと。紙
『YAMATO襲来2019』の画像

岩手県南部でも本格的な稲刈りシーズンを迎え、出荷前の検査が始まった。 私は本日、検査員として今年初の任に就いた。 私にとって今年初の検査場となったのは一関市萩荘地内、JA平泉の萩荘倉庫。 萩荘倉庫では昨日も検査があり、今日が2回目となる。 10月に入れば本格的に稲
『検査初日』の画像

神奈川に住む息子が連休を利用して帰省し、久方ぶりに渓流釣りに行くことになった。以前は年に5・6回は行っていたが、息子が海外に留学してからというもの、なかなか行く機会に恵まれなかった。勿論ひとり釣行も考えたが、如何せん年齢が進むにつれ億劫になってきた、と云う
『渓流カタルシス「2年2ヶ月ぶりの釣行」』の画像

新たな閣僚が出揃った。 今回の新組閣をめぐり、注目の的だった新婚ほやほやの小泉進次郎氏が、環境大臣・原子力防災担当大臣として入閣が決まった。父親の政治スタイルを参考にしないときっぱり断言していたが、入閣後はどのような姿勢で環境相を務めるのか、注目した
『新組閣の思惑云々』の画像

昨日、JA平泉の西武営農振興センターを会場に、新元号(令和)となって初の農産物検査員による米検査の出発式が開催された。例年通り、米の鑑定会から始まり、農産物検査の基礎的事項の確認や適正な実施についての説明に続き、佐藤鉱一組合長による挨拶の後、各検査員に任命
『令和元年米検査出発式』の画像

我が家では、稲刈り前の草刈り作業が佳境を迎えている。周辺では殆ど終わっているのだが、今年で米寿を迎える父の体調が芳しくなく、病院通いが暫く続いた為に、草刈りに時間を費やせな事情があった。已む無しである。かと云ってそれを言い訳にするわけにもいかない。そんな
『草刈り三昧』の画像

逃亡犯条例改正案に端を発し、香港政府に向けた大規模な抗議活動が今尚その勢いは衰えていないようだ。世界でも屈指のハブ空港である香港国際空港に、再び学生らのデモ隊が押し寄せ、改正案の撤回や強硬な香港警察への不満などを訴えている。当初はデモ行進など、比較的穏や
『平和的解決を乞う!』の画像

東京五輪、パラリンピックまであと1年。 アスリートたちは出場権をかけて死にものぐるいで頑張っている。その姿に敬意を表すとともに、感銘を受けずにはいられない。特に障害を抱えながらも、果敢に挑む姿には感銘を超える感動を覚える。 夢の実現を目指してとことん
『障害を乗り越えて!』の画像

我が家は160年以上の古民家だが、軒下には幾つもの蜂の巣(キイロスズメバチなど)の痕跡が残っている。 5・6年前には別棟の作業小屋に営巣。高い天井や軒下ならまだしも、一階には格子窓があり、その間から頻繁にキイロスズメバチが出入りをしていた。悪いことに、畑に
『我が家の蜂の巣』の画像

終戦から74年回目の夏が終わった。 今は亡き後藤田正晴翁(元内閣官房長官)や野中廣務翁(元自民党幹事長)と云った政界の重鎮は、「何故政治家になったのか?」の問いに、「二度と戦争をおこさせない為だ」と即答したそうだ。今の政治家に、不戦の強い意志や信念を持
『不戦ありき』の画像

牛よりも豚 豚肉よりも焼き鳥が好き 安上がりなるわれの胃袋私は鶏肉、特に焼き鳥が好きだ。コンビニに立ち寄る際には必ずと云っていい程注文する。特に塩ももが大好きで、昼食は殆ど弁当だが、そのひと品を添えることによってグ~ンと食の喜びが増すのである。 人に
『みちのく道場』の画像

世界の解釈として、端島(通称、軍艦島)の徴用工に対して、朝鮮半島出身者への強制労働、劣悪な環境での作業を強いたとする悪い印象が持たれているようだ。 実は日本人の私も心の片隅にそのような印象を持っていた。いかに戦時下とは云え、同じ日本人として恥ずかしい
『徴用工「真実を追え」』の画像

最近特に、韓国が執拗に徴用工問題をたてに日本に圧力をかけてきている。その背景にはいったい何があるのだろうか。 選挙対策の為のプロパガンダか、それとも・・・。 強制労働の証拠だとして写真を公開しているが、実はそれらの写真、徴用工とは全く関係のない写
『徴用工の真相』の画像

昨日の8月3日(土)午後2時半より、一関では3度目となる吉田類さんご一行のトークショーが開催された。会場は世嬉の一酒造の石蔵ホールクラストン。 昨年は中庭を挟み、クラストン東向かいのcafe徳蔵2階を会場に行われた。 人気イベントとあって予定の人数を遥かに
『吉田類さんらご一行「乾杯&トークショー」』の画像

夏の甲子園目指し、各都道府県の代表をかけて高校球児らの熱い戦いが繰り広げられている。 一つの勝ちは、一つの負けに支えられる。勝っても負けても、それなりに価値がある。 今日現在、15校が代表を決めた。 わが岩手県では昨日代表校が決まった。 菊
『人生の甲子園』の画像

日本人アスリートの活躍は目覚ましいものがある。海外の野球界では菊池雄星選手や大谷翔平選手。テニス界では錦織圭選手や大坂なおみ選手、また、錦織選手を超える逸材として注目される16歳の望月慎太郎選手。陸上界では短距離選手が実に熱い。 2017年9月9日、日本学生陸
『平和と云えば』の画像

本日、つい2日ほど前にも利用させていただいたなのはなプラザを訪れた。 東山和紙を使っての「行灯」製作が体験できるとのことで、公募が始まると直ぐに私は市シニア活動プラザに参加の意思を表示していた。 目的は手作りの行灯に、自作の短歌を揮毫し、足下を照らして
『行灯作り体験』の画像

日本政府は大阪サミットが終わって間もなく、韓国に対して半導体材料の輸出管理強化の発動に踏み切った。 徴用工問題への報復措置ではないと日本政府は言及している。 それに対して韓国政府は、韓国企業に被害が発生した場合、対抗措置を講じると論及し、対抗姿勢を崩
『ホワイト国』の画像

およそ20年ほど前、私はネットを利用し始めた当時から、世界で圧倒的なシェアを誇るサーチ(検索)エンジン搭載のポータルサイトを利用している。当時の日本に於ける検索ポータルサイトのシェアは圧倒的にYahooが強かったが、調べごとをする時など、前者はとても使い勝手が良
『検索エンジン「強者のおごり」』の画像

いよいよ明日(2019年6月29日)、みちのくあじさい園の開園を迎える。それに先立ち、地元一関市の広報誌『広報いちのせき「I-style」』の表紙を飾り、内容をP4・P5で紹介された。みちのくあじさい園は、約15ヘクタール(4万5千坪)の杉林の中に、4百種4万株(実際には5百種6
『みちのくあじさい園広報誌を飾る』の画像

息子の嫁さんのご両親が、遠路はるばる香港から訪ねてきた。ここ岩手県南も梅雨入りとなったが、昨日は幸いにも梅雨の晴れ間、岩手県南の名所を案内することになった。時間的に余裕さえあれば色々と案内したかったが、観光に費やす時間は限られていた。先ず向かったのは日本
『賓客』の画像

↑このページのトップヘ