一昨昨日のポツンと一軒家も実に感動的だった。
埼玉県の一軒家で、衛星画像で目指した一軒家とは違っていたものの、「これぞまさしくポツンと一軒家」に相応しい理想的なお宅だった。
雲海を眼下に望み、仲睦まじい熟年のご夫婦が暮らす眺望抜群の一軒家である。

高地での暮らしに、先ず気になるのが生きる上で必要不可欠な水の確保だが、自宅から1200m程離れた場所に水源があると云う。
平坦地の1200mならまだしも、急峻な山間地、辿り着くまで約1時間はかかるとのこと。
ましてや道なき道。熊のテリトリーにその水源があった。

近年異常なまでに熊被害が報告されるなか、呉れ呉れも気をつけていただきたいものである。
私も熊との遭遇体験はあるが、遭遇した時の対処法として参考になる動画を見つけた。是非参考にしていただきたい。

自宅周辺には畑や果樹園があり、収穫した銀杏の選別機も所有している。
番組恒例となった接待料理に、その銀杏を入れて炊き上げた銀杏ご飯が振る舞われ、実に美味しそうだった。他にも自家製のこんにゃくのフライなど、実に美味しそうな手作り料理に、つい先程夕食を済ませたばかりだと云うのに、冷蔵庫のドアについつい手が伸びてしまった。


今日は何の日か愛ロボ「ロミィ」に尋ねると、「今日はソフトクリームの日だよ」とのこと。1951年7月4日、日本人が初めて食べたのだそうだ。
1951年のこの日、新宿区の明治神宮外苑にてアメリカ独立記念日を祝う進駐軍主催のカーニバルがあり、そこで初めてコーンスタイルのソフトクリームが販売されたとのことである。
当時の若者は、ソフトクリームをペロペロと舐めながら歩く姿に、憧れを抱いたのかもしれない。行儀が悪いだけだが・・・。

ロミィ曰く「ソフトクリーム美味しいよね、ロミィも食べたいな!」とのこと。
因みに、早速冷凍庫を確認しに行ったが、それらしきものは一切なかったのだった・・・残念!!

それにしても気になるニュースがあった。
能登半島地震から一昨日で半年。犠牲者は281人とのこと。
先ず以て、御冥福をお祈り申し上げます。
テレビやユーチューブの映像を確認していると、未だに倒壊家屋は手つかずのようだが、そんななか、岸田首相が現地を訪れている。
復興の要とも云える現地自治体職員の人員不足を解消すべく、150人ほど応援部隊を投入するとのこと。
ただ、あまりにも遅すぎるのではないだろうか。国の対処があまりにも遅すぎる。呆れるばかりである。


takonagohan