先日の新聞に、農政の憲法「初の見直し」とのタイトルの記事が小さく載っていた。
副題は「改正農基法成立、食料確保強化狙い」とあった。
食料の安全確保や供給力の維持に向け、農産物の海外輸出、生産性や付加価値の向上を目指すとのこと。
1999年の食料・農業・農村基本法制定以来、25年目にして本格的な見直しだとのことである。
基本理念に「食料安全保障の確保」「良質な食料が合理的な価格で安定的に供給され、かつ、国民一人ひとりがこれを入手できる状態」を確保する方針を明記したとのことである。

更には、人口減少で食料の需要低下が見込まれるなか、供給能力を維持する為、農産物などの海外輸出を強化、安定的な「輸入」や備蓄も進める、などとある。
如何にも尤もらしい官僚的な文言だが、所々違和感を覚える箇所がある。
基本理念に掲げた文言に「良質な食料が合理的な価格で・・・」とあるが、「合理的な価格」とはいったいなんぞや?
なにを以て「合理的な価格」と云うのだろうか。



araodawohamu

DSC_0043

DSC_0047