新型コロナワクチン被害者の会の集団訴訟が始まった。
新型コロナワクチン接種による死亡者の遺族らが、「国に人体実験された」「国の広報が不十分だ」など、ワクチンが原因で死亡した遺族らなど13人が4月17日、東京地裁に集団訴訟を起こした。
当時、国はマスメディアを通して、リスクよりベネフィットの方があるとして、ワクチン接種を努力義務として促していた。

総理自ら接種する動画を流すなど、接種率を上げるように努めていた。確かに当時は、専門家らの意見を尊重せざるを得なかった政府としては、致し方なかったのではないだろうか。
「時間をかけ、慎重に進めるべきだった」と、後になっては何とでも云えるが、当時は急がざるを得なかったことも紛れもない事実である。
いずれにしても  続きを読む・見る>>


sansainoking

DSC_0037