自分のことでも、身内のことでもないが、昨日は実に感動的な一日となった。
あれだけの大病を患いながらも、復活を果たした水泳の池江璃花子選手。東京五輪日本代表選考会を兼ねた競泳日本選手権女子100メートルバタフライで見事に優勝した。
また、柔道界では、先日53歳の若さで黄泉の国へと旅立った古賀稔彦選手の次男、古賀玄暉選手が、柔道世界選手権代表最終選考会兼全日本選抜体重別選手権大会の60キロ級で見事優勝を果たした。

コロナ禍のもと、うつうつとする昨今、なかなか心底から感動するもの、できることがなかった。しかしながら彼らの活躍により、久方ぶりに魂が揺さぶられたような気がする。感動をありがとう。


konitokeshi
nobiru




アントニオ猪木さんの復活も心より期待しております。「だあー!


ランキングボタンをポチッとひとつ押していただくと大変嬉しく思います。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真短歌へ
にほんブログ村


こちらもひとつ、ポチッと押していただくと大変嬉しく思います。

俳句・短歌ランキング