今朝、防火広報活動の為に林道内を消防車で巡回していると、左手前方から日本鹿が飛び出し道路を横切った。すかさずスマホを取り出し、動画に収めるべくカメラを向けた。
雌鹿のようだが、怪我をしたのであろうか、足を引きずりながら右手前方の林中に消えていった。
この辺りでは日本カモシカはよく見かけるが、日本鹿は珍しい。

暫く呆然としていると、左手前方に、小鹿の存在に気が付いた。母親について行こうとしているようだが、我々が乗る真っ赤な消防車が気になるようだ。
暫く立ち止まりながらこちらの様子を窺っているようだが、母親から呼ばれたのか、道路を横断して右手前方の林中に消えていった。

足を引きずる母鹿を気の毒に思ったが、ひょっとしたら、わざと足を引きずってみせたのではないかと思えてきた。
動物の習性だろうか、親が子を庇う為に、傷ついているかのように見せかけ、自分に注目を集めさせてる間に子を逃がす。
母性的本能からくる偽傷行動、利他的行動を咄嗟にとったのではないだろうか。

事務所に戻り、早速動画をYoutubeにUPしようとパソコンにデータを移した。
ところが、肝心の動画が保存されていなかったのである。
いやはや、チャンスとばかりに焦ってしまったようだ。
あちゃ~、今更悔やんでも遅い。とほほ、である・・・。


tohoho



もし宜しければポチ一つ!
にほんブログ村 ポエムブログ 写真短歌へ



俳句・短歌ランキング