東京では連日3桁の感染者を出し、今日は過去最高の286人、大阪では2日連続して60数人の感染者を出し、昨日は全国で455人、本日は443人の感染者が出ている。4月22日の450人を上回るなど、急増している感がある。
まさに第2波の襲来と云っても過言ではないのではないだろうか。
再度の感染予防策を国の主導で練り、徹底してもらいたい。

一方で、確かに経済対策も必要だ。何らかの手を早急に打たなければ失業や廃業に伴う自殺者の増加も懸念される。
経済活動への後押しも必要である。
かといって、ブラジルなどのように、経済一辺倒の政策ばかり推し進めては取り返しのつかない事態になりかねない。
一番はやはり特効薬やワクチンの開発が望まれるが、開発迄にはどうしても時間を要する。

政府はGotoキャンペーンなどの経済活動の後押しに注力している。ホテルや旅館などの観光業界や運輸業界では新型コロナの影響で客足が大幅に減り、利益減は甚だしい。その為、従業員の解雇や雇止め、倒産、廃業の危機に瀕している。
ではなぜ、解雇や廃業に追い込まれるのか。
つまりは、収益が減れば固定費を抑えなければならず、従業員のリストラや解雇をせざるを得なくなり、それでも間に合わなければ倒産と云うことになる。

今、国に求められるのは  続きを読む・見る>>


hikari



もし宜しければポチ一つ!
にほんブログ村 ポエムブログ 写真短歌へ



俳句・短歌ランキング