お盆が終わると一気に賑わいだ環境が一変する所為か、或いは涼しさが増す為か、淡い寂寥とでも謂おうか一抹の不安とともに寂しさがスーッと過るのである。  
8月15日の飲み会(二次会は先輩が営むゆあーずにて)には、いつものメンバー以外に30数年ぶりに逢う高校時代の同期生数名が加わり、特に女性の参加は会に華を添えた。かなり盛り上がった実に楽しい飲み会であった。
年月を経て、円熟期を迎えた女性陣は、弾けるような魅力をたたえる若さとは違い、人生の酸いも甘いも知ってか、知的で、落ち着きと上品さを兼ね備えた魅力が満ち溢れていた。
今まで歩んできた歳月よりも、残る歳月は間違いなく短い。ならばまた宴会の席を同じくするなど、昔の思い出話に花を咲かせ、「賑やか」なひと時を堪能したい。

続きを読む・見る>>


イメージ 1