昨日無事に、いわい天然乾燥米「元氣」の稲刈りが終わった。
土曜・日曜の二日間、秋晴れの好天にも恵まれ、昨日は水沢の叔父一家総出の援軍もあって、お陰様で無事に終えることができた。
本当に有難い。

昨日の稲刈り本番を前に、刈り取った稲を天日に干す為のホンニョ(杭建て)を準備すべく、前日は一人の作業を黙々とこなしたものだが、流石に炎天下での力仕事は「過酷」以外に表現のしようもない状態だった。
しかしながらこうして終わってみると、苦しさが増せば増すほど悦びもひとしおであり、充実感と爽快感に今は浸っている。

続きを読む・見る>>


イメージ 1