関東では満開、西日本では既に散り始めている桜前線だが、此処岩手県南の見頃は来月の中旬だろうか。今朝はちょっと冷え込んだが、日中は「漸く春がきたな~」と言えそうなポカポカ天気だった。

来月中旬には、米の種蒔きが始まる。その準備などもあり4月になれば何かと忙しくなってくる。
そんな訳でのんびりできるのも今のうちだけと、休みを利用して春を探しにふらふらと散策することにした。
川原を中心に散策してみると、猫柳があちらこちらで雄花や雌花を咲かせていた。

語源のとおり、猫の尾っぽのようにふさふさの毛で覆われている。思わず頬ずりしたくなったが、それはやめといた。また、いかにも苦味の強そうな蕗の薹や、オオイヌノフグリなどの草花が咲き始めていた。


今日の朝刊に、グーグル法独で成立へ!とのタイトルに「ニュース利用に課金」との見出しが目に止まった。ようは新聞社などがウェブ上で配信したニュースを検索サイト上に表示させる場合、検索サイト運営会社に料金の支払を義務付けることが出来る改正著作権法のことだが、今後は対価を支払った上で、検索サイト上に載せられるとのことだ。

最近はどこの国でもネットニュースが主体になり、紙媒体の新聞を読まなくなったということだろうが、何れは日本でもその法案が可決されるだろう。
そうなると、致し方ないがネットニュースは有料になるということだろう。


イメージ 1