昨夜、といっても正確には今朝になるが、NHKのドラマ「いつか陽のあたる場所で」の再放送が最終回を迎えた。私は殆どテレビドラマを観ることはなく、何時もならNEWS Web24を観た後直ぐにお風呂に向うところだが、たまたまスイッチを切らずにうとうととなりかけていた。

するとそこに上戸彩さんと飯島直子さんが画面に出てきた。ちょうど再放送の第一話が始まるところだった。眠気が覚めて思わず見入ってしまい、それからついつい最終回まで見通した。
その内容はというと、上戸彩さん扮する小森谷芭子(29)と、飯島直子さん扮する江口綾香 (39)が、のっぴきならない事情から昏酔強盗や殺人を犯し、同じ刑務所で刑期を終え、シャバに出て再出発する葛藤を描いた内容だが、已む無しの犯罪とはいえ、前科を持った人間に対する世間の目は冷たかった。

そんななかでも理解をちゃんと示し、優しく接してくれる竜雷太さん扮する大石重雄(72)や周りの人たち、同じような経験を持ち、同じような苦しみを味わった者同士の絆や信頼感がひしひしと伝わってくる内容で、切なさや哀感の残る作品で後を引くドラマだった。

罪を憎んで人を憎まず、過去は過去、一生懸命に生きよう、再出発しようとする健気な姿に共感を呼び、しみじみと心に残り琴線に触れるドラマだった。
原作は乃南アサさん。脚本は高橋麻紀さんほか。

出演者のみなさんから…クランクアップメッセージ


イメージ 1