愛車の調子が急に悪くなった。
一昨日の朝のことだったが、自宅を出て間もなく、走行中にも係わらずいきなり「カクンカクン」とノッキングし始め、エンジン音も力なく「プスプスプス」と今まで経験した事のないトラブルに見舞われた。

ただ、アクセルを踏み込めばぎこちなくはあったもののそれなりに前に進んだ。
はてさて進むべきか戻るべきかと一瞬迷ったが、国道のど真ん中でエンストするのもひんしゅくを買う。
幸いにも自宅までは1km程の距離。
結局、「戻るべき」との判断を下した。
今は修理工場の中で交換部品の到着を待つ愛車だが、今更ながら日頃の足となって支えてくれる愛車に対して、心より「感謝すべき」と改めて思った次第である。


イメージ 1