庭のツツジや門口のヒバの新葉も出揃い、そろそろ庭木の手入れをやらねばならないとグルっと見て回った。
毎年のように、蜂が巣を作っているので注意が必要だ。

早速ハチ撃退用、射程距離10mのバズーカ式殺虫剤を2本購入してきて、両手に1本づつ、二丁拳銃のガンマンの如く、ワイアット・アープの気分に浸りながら目をパッと見開き、入念にチェックして回った。
案の定3箇所ほど巣を確認できた。

その後、自宅の軒下なども確認してみると、あまり見かけぬ徳利状の巣を確認した。徳利バチの巣らしい。
刺された憶えはないが、刺されるとかなり痛いとのことだ。

結構古い巣のようだが、160年以上もの風雪に曝され、経年によるわびさびのたたずまいを醸し出す我が家の軒下と、すっかりと同化していたようだ。
これからはちゃんと、上を向いて歩くようにしたいものだ。



イメージ 1





sukiyaki ~上を向いて歩こう~/diana king