いよいよ、平成24年度、第一回目の草刈り作業が厳かに始まった。
少しばかり仰々しい言い回しだが、毎年この時期になると必ずやらねばならない恒例行事の一環、とも言える農作業の一つなので、気合を入れ直す意味でも、そんな、ちょっと堅い表現になってしまった。

早起きは三文の得と云うが、得をするか損をするかは非常に微妙なところだ。
これ迄の朝寝坊の怠慢な精神を叩き直し、活を入れ直して早起きの励行に努め、損得勘定を抜きに、日々精進しなければならないと思っている。

と、まぁ~ 書いたり謂ったりするのはいたって簡単だが、果たして実行や如何に・・・。



イメージ 1