以前他のブログでも紹介した事のある不思議な写真を再度公開。
2008年6月13日に撮影した地震雲と思われる写真と、
昨年の2011年3月16日に撮影した得体の知れない何かが写り込んでいた写真。

2008年6月13日といえば、岩手宮城内陸地震の前日だが、
まるで大鷹が翼を広げて襲ってくるかのような写真で、ちょうど方向も震源地の方角である。

また、昨年3月16日撮影の写真は、たまたま雪景色を撮ろうと、何枚か同じ位置から撮影した写真の中の1枚に、たまたま写り込んでいたものだ。
かなりのスピードで移動しているかのように見える。勿論肉眼では確認出来なかった。
拡大してみてもまったく実態が掴めそうにない。
YouTubeをたまたま見ていると、原発事故の何日か後の福島上空で、
見確認飛行物体が確認された映像が公開されていた。それと何らかの関係でもありそうな奇妙な写真だ。

以前私はUFO(円盤型)を見たことがあり、・・・そんな事を言うと「ナニねぼけてんだ」と言われそうなので、
あまり大っぴらに話した事はなかったが、肉眼だけではなく、双眼鏡でバッチリ見た経験がある。
そんな体験をしているものだから、これらの写真も単なる偶然ではなく、ちゃんとした意味があるのではないかと思えてしょうがない。



【和訳】凄いUFO! 福島上空、2011年4月(解説付).mp4

イメージ 1

他の写真はこちら>>