フォト短歌とは全く関係のない内容だが!!

17年前の今日、大都市への直下型の地震で、多くの犠牲者を出した阪神淡路大震災が起こった日。
今朝ラジオで話していたが、「結びを深める」という意味か、今日はおむすびの日として、おむすびを食べる日なのだそうだ。
勿論私も昼食はおむすび1個のみ。実は毎日そうだが!

当時はテレビ映像で、ハイウェイの頑丈な橋脚がなぎ倒され、ビルが崩壊しあたり一面火の手が上がるあの惨状が映し出され、まるで映画でも見ているかのようにポカンと口を大きく開け、夢の中での出来事のような感覚で見ていたものだった。
「大変な事態だ!」「本当に気の毒だな~」とは思っていても、なかなか現状を把握するにもピンとこなかったように記憶している。

同じ日本とは言え、距離もかなり離れていたということもあって、どことなく他人事のように思えた節があった事も否定できない。

阪神淡路大震災を機に、日本のボランティア元年と云われて久しい。
当時、日本中からボランティアが集い、瓦礫の撤去や炊き出しなど、彼らの活躍する勇姿を、テレビ画面を通して見ることによって「俺も行かねばならないな」と思ったものだった。

しかしながら結局は行けずじまいだった後悔が、後々まで後を引いていたのも事実である。
そんな思いから、今回の東日本大震災では、後々まで後を引かないようにしたいものだ。


イメージ 1