木枯らしだろうか。
窓の外はビュウビュウ、ゴーゴー。
今日は風の強い一日だった。

いよいよ冬本番の到来ということだろう。予報では、今月来月とも比較的温かで、2月はぐっと冷え込みが厳しくなるとのこと。
はてさて、降雪の量はどうだろうか。
考えようによっては、比較的温かだということは、北国にとっては、雪が多いということではないだろうか。

寒いのも辛いが、雪掻きはもっと大変だ。
昨冬もそうだったが、日本海側や山沿いの豪雪地帯では、この雪掻きによる事故が多発したように記憶している。
過疎化が進み、若者が少なくなった中山間地域では、特にお年寄りたちの事故が絶えない。
太陽光を利用した融雪設備を、以前ネット(ブログ等)で提案し呼びかけてたが、是非技術者達に立ち上がってもらいたいものだと期待している。

技術者に提案(屋根の雪下ろし対策)


イメージ 1