今朝の朝焼けはとても綺麗だった。
沈みゆく夕陽の黄昏色も綺麗だが、朝焼けには「勢い」を感じる。
「さあ、一日の始まりだ、頑張るぞ」と!


ホノルルで行われた日米首脳会談の中で、米ホワイトハウスは、TPP参加の日本側の意思として「全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」と野田首相発言を誤って公表したそうだ。

そもそも、TPPの基本は「例外を認めない」というのが前提としてあった。
本来であれば、全ての品目に対して関税撤廃が基本であった筈だ。
都合の良い、一部のみの例外が果たしてどこまで認められるのか甚だ疑問だ。

参加の意向を示した以上は、何れにしても交渉次第という事になるのだろうが、先ずその前に、米議会に於いて、日本の交渉参加に同意するか否かは「日本側が市場開放に対する高い基準を満たすか否か、或いはその意思があるか否かにかかっている」と言わざるを得ない。今後、米国側からの市場開放圧力が更に高まりそうだ。

斯くして日本の夜明けも、今朝のような神々しい光の放つ朝を迎えられるのだろうか。「迎えられる」と信じたい。


イメージ 1