我が家の裏山には、竹藪が広がり、その竹が途切れた辺りから栗の木などの落葉樹と杉林が広がっている。その落葉樹と杉林が混生している所に、旧墓と、少し離れた場所にご神木様と氏神様を祀る祠がある。

この倒木は、氏神様の直ぐ前の落葉樹が、今から6年7年ほど前に倒れたものだが、そこに4・5年前から秋になるとムキタケが沢山生えてくる。
今では、氏神様の贈り物として、有り難く頂戴し秋の食卓を飾っている。



イメージ 1