またもや現職大臣の問題発言が物議を醸し出している。
鉢呂経済産業大臣が、福島第一原発を視察した後、記者団に「放射能をつけたぞ」などと発言した問題だが、冗談のつもりでやったのだろう。しかしながら「冗談」で済まされる問題ではない。
なんとも呆れ果ててものも言えない。
人間としての資質が疑われる。

ちょっと前に、被災地の知事に対し、出迎えが無かった事を槍玉に挙げ、長幼の序を弁えるようにと示唆した元復興大臣がいたが、このお2人さん、旧○会党の出身だ。
旧○会党と言えば、私の中でのイメージとして、教育者が多いというイメージがあって、所謂常識人が多いというイメージがあった。
間違いであった事に今更ながら気付かされた。

何れにしても、被災者の心理を十分に考慮した対応をとってもらいたいものだ。

イメージ 1