梅雨の時期で一番きつい作業だと、私は確信している田んぼの溝切りが、いやいやながらも今朝から始まった。
以前は休日の日中にやったものだが、炎天下の中、ふらふらになりぶっ倒れそうになった苦い経験から、今では早朝にやることにしている。
何れにしても、「やはりきつい!」

早朝の草刈りなどは、1時間半ぐらいが丁度いい作業時間。
しかしながら、この溝切りは1時間が限界。
ただそれでは何時になっても終わりそうにないので、ちょっと、いやかなり無理して1時間半の作業。
それも休憩なしの1時間半は本当に過酷だ。

ただ、作業は厳しいけれど、終わった時の達成感や喜びもまた一入。
作業途中の辛い時は、その事だけを思い浮かべながら必死になって泥と格闘している。

余裕があれば、乗用溝切機が欲しいところだが。・・・


イメージ 1