岩手県北上市に、第9回ジャパンオープンマスターズベンチプレス選手権大会(2011年2月大阪会場)に於いて、日本記録を樹立し、MⅣの部66kg級のチャンピョンに輝いた方がいる。
岩崎実(70歳)さんその人である。

記録も105kgと自己記録には及ばなかったものの、常日頃の挙上重量は僅かながらも伸びているという。
厳格な公式ルールに則っての記録は、常日頃の、一般的な練習で持ち上げる重量よりも、だいたい10%(練習の内容にもよる)ぐらいは落ちるのが普通である。
ご多分に漏れず、岩崎さんが日頃扱っているマックス重量はやはり120kgぐらいである。

岩崎さんがトレーニングを本格的に開始したのは今から約10年程前。
大手食品メーカーの役員を退いてからの事。
元来、水泳や卓球、テニスなど色んなスポーツに精通しており、八面六臂の活躍をしていた方である。
トレーニングを始めた切っ掛けが、それら競技のパフォーマンスを上げる目的があったと話す。
それにしても、還暦を過ぎても尚、記録向上に意欲を燃やす姿、そして若さに、何時もお会いする度に、感銘を覚えるとともに、活力の源を頂戴しているのである。

http://iwate.iinaa.net/nihonsin.html


イメージ 1


昨年の2月、ジャパンオープン前の最終調整の様子      平泉アスリートセンターにて

タイトルにオールジャパンとありますが、ジャパンオープンの間違いです!