イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

我が家の庭には、遅咲きの八重桜がちょうど見頃をむかえている。
今は亡き祖父の誕生を記念して曾祖父(故)が植えたものらしい。
祖父の誕生は明治42・3年だったと記憶しているので、おおよそ樹齢110年になるだろうか。
電線の邪魔になるといって、20年程前にかなり切られてしまったのだが、かろうじて5月の上旬には花を咲かせてくれる。
この花が咲く度に、教育者であり、人一倍厳しかったけれども人一倍に優しかった、在りし日の祖父を思い出すのである。


ランキングに参加しております。
もし、ポチっと1クリック頂けますと今後の励みになります。
にほんブログ村 地域生活ブログ