イメージ 1

日盛りとは夏の季語だが、陽光降り注ぎぽかぽかと暖かい一日だった。
空には、巻雲(別名すじ雲、絹雲、しらす雲など)が涼しげに泳いでいた。
その時々に応じて千変万化する自然の景色は、もう二度と現れる事はない。同じ景色を決して見られるものではない。正しく一期一会である。
心の片隅に、瞼の奥に、そして脳裏にしっかりと焼きつけたいものだ。