イメージ 1

我家の所有ではないが、近所のイチョウの古木が紅葉真っ盛り(すこし遅い)である。
左手前に少しばかり見える小屋は、稲刈りを済ませた稲束を、自然乾燥する為のホニォなどを保管する為の「木小屋」が見える。
こうして見てみるとなかなか風情があって妙に心が和んでくる。
田舎には、こうした古き良き時代の面影やゆったりとした時の流れが、今も尚、しっかりと残っている。