日本政府は大阪サミットが終わって間もなく、韓国に対して半導体材料の輸出管理強化の発動に踏み切った。
徴用工問題への報復措置ではないと日本政府は言及している。
それに対して韓国政府は、韓国企業に被害が発生した場合、対抗措置を講じると論及し、対抗姿勢を崩さない様子だ。
我々日本国民としては、昨年10月の元徴用工問題での日本企業への賠償命令、昨年11月の慰安婦財団の解散決定、昨年12月の火器管制レーダーの照射事件、今年2月の天皇陛下への謝罪要求などなど、我々日本人の国民感情を逆撫でするような韓国側の行為に、甚だ不愉快であることは否めない事実である。

精算済みである筈の過去の遺恨を 続きを読む・見る>>


shikatume