命の美容室 ~水害を生き延びて~
と云うタイトルの本が、コールサック社から刊行された。
著者は千葉貞子(78)さん。私が所属する短歌同好会「游の会」のメンバーの一人。
短歌、俳句、随筆が綴られた珠玉の1冊である。
本の序盤には、千葉さんの子供の頃の苦しく辛い体験が生々しく綴られている。

1948年(昭和23年)9月16日、アイオン台風の発生により、関東以北に甚大な洪水被害をもたらした。
特に北上川中流域の岩手県一関市では、磐井川の増水により、多くの家屋が水没。5百数十名の尊い命が奪われるなど、甚大な被害をもたらした。
著者の千葉さんもその一人である。

当時千葉さんは 続きを読む・見る>>


sadakosan