フォト短歌游々日記

日頃撮りためた写真に短歌を詠み、時には詩を作り、それらをコラボレートしたフォト短歌やフォト詩歌に、偏見や私見混じりのエッセイを添えたブログです。

フォト短歌游々日記 イメージ画像

更新情報

◆池江璃花子選手について今年に入って一番驚いたのは、池江選手の白血病のニュースだった。東京五輪の期待の星として、日本は元より世界からも注目されている選手だが、18歳の発病はあまりにも酷な宣告だ。今から40余年程前、幼友達としてとても仲の良かった同級生が、17歳
『有為多望』の画像

まもなく、自治会の決算日を迎える。 今月末で一旦締め、その3日後に監査があり、そのまた1週間後には総会が控えている為、資料を整え、全戸分の総会資料を全て手作りで作らなければならない。 兎にも角にも忙しい今日この頃。 決算日迄に、兎に角間に
『辞意表明』の画像

私の昼食は殆どが外食である。外食と云っても大衆食堂やファミレス、況してや寿司屋でもなければフレンチレストランでもない。車中である。それも辺りを気にせず、のんびり、ゆったり出来る場所ならどこでもいい。寂しいようだが、これが実に快適なのだ。冬場は日当たりの良
『私の昼食事情』の画像

先日、TBS系列の番組で、「立入禁止の向こう側! ココから先は人間NG」と云う2時間のスペシャル番組があった。文字通り、立ち入りが禁止されている場所に踏み込み、調査すると云った内容だ。中でも興味深かったのはロシアのチェルノブイリ原発事故。1986年4月26日1時23分、
『立入禁止の向こう側』の画像

一昨日、古戦場を会場に我々伊藤家の新年会が開催された。界隈に住まう22世帯が集い、カラオケをはさみ、各戸による近況を報告しながら約2時間の宴会だった。今回の新年会は2年ぶりとなる。伊藤家では前年のお盆以降に弔事があれば、翌年の新年会は中止と決めて久しい。従っ
『親類一同「新年会」』の画像

明後日の2月3日(日)、一関市大町のなのはなプラザ2階を会場に第3回シニアフェスタが開催される。内容はスポーツ吹き矢、健康マージャンなどの実演を初め、箸作りや竹とんぼ作りなどの体験コーナー。また、シニア活動プラザを利用する各団体の活動紹介のコーナーも併設され
『第3回シニアフェスタ迫る』の画像

先日の香港渡航の折、息子の嫁さんのご両親には本当にお世話になった。 すっかりご厚意に甘えてしまったが、帰国して、はて、このままでいいのだろうかと思いつつ、ついつい日時を重ねてしまった。 やはり、このままでは申し訳ない。何等かの御礼をすべき。と思い
『秀衡塗』の画像

昨日、関係者宛に『ふみくら第2号』の発送を滞りなく終えた。 『ふみくら第2号』は、一関文学の蔵30周年を記念し、年刊誌として昨年2月に発刊した創刊号に続くもの。 今号は世界遺産毛越寺の延年の舞(藤里明久貫主)の論考や、柳の御所を囲む堀や池を満たすための導水路とし
『『ふみくら第2号』発刊』の画像

香港式結婚式を、ホテルから徒歩約10分の場所にある尖沙咀婚姻登記処で行われた。 日本とは異なり、弁護士が間に入り誓約書にサインをすると云った内容だった。 式場に入る前、入ってから、式場から出た後も記念撮影が暫く続いた。ご当地の人たちはかなり写真が好きなようだ
『香港九龍游々紀行「シャンカンの旅情にふれて」後編』の画像

縁があって、息子がお嫁さんを娶ることになった。台湾の大学に留学していた時に知り合ったようだ。そのお相手は香港生まれの可愛いらしいお嬢さんで、この度、香港式の挙式を上げる為に初の香港渡航と相成った。平成31年1月11日(金) 出発の日成田空港を午後3時頃出発、香
『香港九龍游々紀行「シャンカンの旅情にふれて」前編』の画像

先日、自治会の新年会が地元集落センターでいつもどおりに開催された。仕出し料理をつまみながら酒坏を交わし、時世のネタや趣味の話などに花を咲かせながら、一年の無事を祈り、皆で祝った。出席者は約50名ほど、例年出席する顔ぶれはだいたい決まっている。その為仕出しの
『やるは易く やめるは難し』の画像

昨年も色々あった。 3月には息子の留学先である台湾に行った。私にとっては人生初の海外渡航だった。 出不精の私にとっては、ある意味苦行に近い行為だが、息子が居る間に、との思いから決断したのだったが、今では楽しい思い出の一つとなっている。 また、6
『禍福倚伏』の画像

↑このページのトップヘ