フォト短歌游々日記

日頃撮りためた写真に短歌を詠み、時には詩を作り、それらをコラボレートしたフォト短歌やフォト詩歌に、偏見や私見混じりのエッセイを添えたブログです。

フォト短歌游々日記 イメージ画像

更新情報

神奈川に住む息子が連休を利用して帰省し、久方ぶりに渓流釣りに行くことになった。以前は年に5・6回は行っていたが、息子が海外に留学してからというもの、なかなか行く機会に恵まれなかった。勿論ひとり釣行も考えたが、如何せん年齢が進むにつれ億劫になってきた、と云う
『渓流カタルシス「2年2ヶ月ぶりの釣行」』の画像

本日、蔵元レストランせきのいちを会場に、一関・文学の蔵発刊の『ふみくら3号・及川和男追悼号』の編集会議と、10月13日開催の及川和男先生を偲ぶ会の運営について、一関・文学の蔵世話人出席のもと、会議が行われた。 会議では、『ふみくら3号・及川和男追悼号』の最終
『『ふみくら3号・及川和男追悼号』の編集会議』の画像

新たな閣僚が出揃った。 今回の新組閣をめぐり、注目の的だった新婚ほやほやの小泉進次郎氏が、環境大臣・原子力防災担当大臣として入閣が決まった。父親の政治スタイルを参考にしないときっぱり断言していたが、入閣後はどのような姿勢で環境相を務めるのか、注目した
『新組閣の思惑云々』の画像

昨日、JA平泉の西武営農振興センターを会場に、新元号(令和)となって初の農産物検査員による米検査の出発式が開催された。例年通り、米の鑑定会から始まり、農産物検査の基礎的事項の確認や適正な実施についての説明に続き、佐藤鉱一組合長による挨拶の後、各検査員に任命
『令和元年米検査出発式』の画像

我が家では、稲刈り前の草刈り作業が佳境を迎えている。周辺では殆ど終わっているのだが、今年で米寿を迎える父の体調が芳しくなく、病院通いが暫く続いた為に、草刈りに時間を費やせな事情があった。已む無しである。かと云ってそれを言い訳にするわけにもいかない。そんな
『草刈り三昧』の画像

昨日、テレビ岩手の番組に、ピアニストの西村由紀江さんがゲスト出演され、自身の曲を披露してくれた。西村由紀江さんは東日本大震災以後、被災地に何度も赴き、被災者を励まそうと今でも演奏活動を続けられている。 また、多くのピアノが津波で流出したことに心を痛め
『59台目のピアノ』の画像

逃亡犯条例改正案に端を発し、香港政府に向けた大規模な抗議活動が今尚その勢いは衰えていないようだ。世界でも屈指のハブ空港である香港国際空港に、再び学生らのデモ隊が押し寄せ、改正案の撤回や強硬な香港警察への不満などを訴えている。当初はデモ行進など、比較的穏や
『平和的解決を乞う!』の画像

東京五輪、パラリンピックまであと1年。 アスリートたちは出場権をかけて死にものぐるいで頑張っている。その姿に敬意を表すとともに、感銘を受けずにはいられない。特に障害を抱えながらも、果敢に挑む姿には感銘を超える感動を覚える。 夢の実現を目指してとことん
『障害を乗り越えて!』の画像

我が家は160年以上の古民家だが、軒下には幾つもの蜂の巣(キイロスズメバチなど)の痕跡が残っている。 5・6年前には別棟の作業小屋に営巣。高い天井や軒下ならまだしも、一階には格子窓があり、その間から頻繁にキイロスズメバチが出入りをしていた。悪いことに、畑に
『我が家の蜂の巣』の画像

令和2年開催の第41回中尊寺西行祭短歌大会日程が決まった。昨年迄の中尊寺西行祭短歌大会は大型連休中に開催されていたが、来年からは日時や内容も大幅に変わることとなった。これまでは午前9時より西行法師追善法要、その後開会式が始まり、講師による講演の後、歌会が行わ
『第41回中尊寺西行祭短歌大会の日程確定』の画像

終戦から74年回目の夏が終わった。 今は亡き後藤田正晴翁(元内閣官房長官)や野中廣務翁(元自民党幹事長)と云った政界の重鎮は、「何故政治家になったのか?」の問いに、「二度と戦争をおこさせない為だ」と即答したそうだ。今の政治家に、不戦の強い意志や信念を持
『不戦ありき』の画像

牛よりも豚 豚肉よりも焼き鳥が好き 安上がりなるわれの胃袋私は鶏肉、特に焼き鳥が好きだ。コンビニに立ち寄る際には必ずと云っていい程注文する。特に塩ももが大好きで、昼食は殆ど弁当だが、そのひと品を添えることによってグ~ンと食の喜びが増すのである。 人に
『みちのく道場』の画像

↑このページのトップヘ